Yoko
Floral Stylist
「atelierjuno」主宰
使用花材

バラ

スプレーバラ

シルバーブルニア

ペッパーベリー

ヒムロスギ

使用道具

トレイ

麻布

ガラス容器

リボン

輪ゴム

オーナメントやキャンドルなどデコレーション用の飾り

花バサミ

手順

花器をセットします。トレイを麻布でくるみます。
布の真ん中にセットして、両端を輪ゴムで留めます。
輪ゴムの上からリボンをかけ、デコレーションします。
水を入れた花器をセットします。

手順1画像

花材を切り分けます。
今回はミニブーケをたくさん作るので、バラ以外の花材は、1本がなるべく長くなる位置で切り分けます。
束ねる位置(結束点)よりも下についている葉は全て取り除きます。

手順2画像

今回は3~4つくらいのミニブーケを作ることを意識して、好きなバランスで花を束ねていきます。
花材を重ね持ったら、茎の長さを揃えて切ります。
輪ゴムは、まず1本の茎に通してから、全体を絡めて留めます。

手順3画像

それぞれの花器に入れていきます。
残ったヒムロスギの葉や、ペッパーベリーの綺麗な部分を最後にあしらいます。
そのままドライにできるので、水につかなくてもかまいません。

手順4画像

手順5画像

リボンやオーナメント、キャンドルでデコレーションしても素敵です。
リボンを花材に這わせる場合は、捻ったりしながらドレープを作りましょう。
キャンドルを入れる場合は、まわりに花材やリボンがかからないように注意します。

手順6画像

手順7画像
ポイント
  • 花器やカバーする布は手持ちのものを工夫して代用することができます。
  • 今回の花材はすべてドライフラワーにできるので、ぜひお試しください。
    逆さまにしてかざればミニスワッグに早変わり。
  • ご自宅にあるオーナメント加えて、オリジナルのクリスマスアレンジにしてお楽しみください。
クリエイター画像
Yoko
Floral Stylist
「atelierjuno」主宰

”生のお花に日々触れることで自然の色彩の美しさ、季節感、それぞれの植物のもつ形や質感、そして香りを感じながら、感性を磨きましょう。
それぞれのお花が一番美しくみえる角度を探してあげるのがポイントです。
感動のあるレッスンを目指します。”

works
  • オーダー専門の花仕事と、紹介制のフラワーレッスン教室「atelierjuno」主宰。
  • ”季節のお花とお茶の時間”をテーマにお花とお茶の時間のある素敵な暮らしを美しいイメージにしたTea time artをFlatlay styleで展開するInstagramのギャラリーは、世界中の女性から絶大な人気を誇る。
  • オリジナルのスタイリングから人気のものを厳選してデザインされたスマートフォンアクセサリーも好評発売中。
media
  • 雑誌、webメディアにおいて Instagramの人気アカウントとして数々の取材を受ける
  • 「やめるだけで最高の恋を引き寄せる」(西原 愛香 著、KADOKAWA)の表紙へyoko heartの画像提供 など

http://shop.arts-labo.jp/column/yoko_atelierjuno

@atelierjuno