完成品画像
柳澤 麻衣
フラワーデザイナー
フラワーフォトスタイリスト
「Toile blanche」主宰

1年で最もワクワクする季節、クリスマスシーズンがやってきました。
そんな楽しいシーズンにピンクのバラのクリスマスアレンジメントで華を添えましょう!
今回はテーブルや部屋のコーナー、玄関などどんなスペースにも飾れる木箱を使ったダイヤモンド型のクリスマスのアレンジメントをご提案させて頂きます。

使用花材

バラ

スプレーバラ

シルバーブルニア

ペッパーベリー

ヒムロスギ

使用道具

木箱

木箱に入る大きさの水漏れしない器

チキンワイヤー

オアシステープもしくは布製のガムテープ

花バサミ

手順

今回使用する花材と材料です。
エバーグリーンのヒムロの香りが部屋に漂い気分はクリスマスです。
早速アレンジメントを始めていきましょう!

手順1画像

今回は100均で見つけた横長の木箱を器として準備しました。
木箱は水漏れしますので、木箱に入るサイズの水漏れしない器にチキンワイヤーのベースをセットします。
(オアシスのベースでもOKです)

手順2画像

チキンワイヤーを丸めて水漏れしない器にセットしたらテープで固定します。
それを木箱に入れて水をたっぷりと張ったらフラワーベースのセッティングは完了です。

手順3画像

先ずはヒムロスギをカットし、器の縁に沿うように菱形に入れていきます。
器の縁に水平に入れていきましょう。

手順4画像

注意点は器の縁に枝が触れるように入れる事です。

手順5画像

次に今回のメイン花材である大輪のバラを入れます。
フラワーベースの中心に垂直に1本と、前に傾けてフォーカルエリアに1本入れますが、前に傾けて入れるフォーカルエリアのバラは正面から見て左右どちらかに少し振って入れます。

手順6画像

次にスプレーバラを入れます。
こちらは、横長の器の左右の縁から縁を繋げるように対角線上に入れていきます。
蕾のような小さな花は少し長めにカットし、中心のバラに沿わせて入れました。
そうする事でリズムが出て少し自然な雰囲気になります。

手順7画像

手順8画像

シルバーブルニアは短めにカットして主役のバラたちの周りの空いているスペースに入れていきます。

手順9画像

手順10画像

最後にペッパーベリーを器の縁から下がるように入れると、たわわに実る雰囲気に仕上がります。

手順11画像

クリスマスの雰囲気を楽しむ定番アイテムであるキャンドル。
私は以前IKEAで購入した手持ちのキャンドルをアレンジメントに添えました。
みなさまもお気に入りのアイテムと共にクリスマスのフラワーアレンジメントをお楽しみください。
(所要時間:約20分)

手順12画像

手順13画像
出来上がり
完成品画像
ポイント
  • ヒムロスギの枝を入れる際には、器の縁に触れるように水平に入れましょう。真正面から見て中心の枝以外は立ち上がっていないように確認します。
  • バラの花たちの花顔の向きに気をつけます。元気に美しく見える向きを探して丁寧に挿していきましょう。
  • シルバーブルニアは短めに入れます。バラが主役ですので、主役よりも控えめに入れましょう。
  • ペッパーベリーはたわわに実る雰囲気を出したいので、器から溢れるような雰囲気で入れていきます。
クリエイター画像
柳澤 麻衣
フラワーデザイナー
フラワーフォトスタイリスト
「Toile blanche」主宰

”毎日の日常をお花で彩り、生活を楽しくすることを共有できますように。
どうぞ宜しくお願い致します。”

works
  • フラワーアレンジメントを学ぶために、約1年半イギリスに留学。
  • 帰国後、フラワースクール運営、アレンジメント制作販売、装花等事業などを手がける「トワールブランシェ」を主宰。
  • 現在はフラワーデザイナーとしての仕事と共に、花を中心としたスティルライフを写し続け、花・プロダクツスタイリング写真の撮影や、企業等のスタイリング講座、ワークショップの講師も行っている。
media
  • 雑誌「花時間」(KADOKAWA) ほか

https://hanakanmuri.jp/

@toile_blanche