完成品画像
前田 彬子
一級建築士
インテリアコーディネーター
ライフオーガナイザー

鮮やかなケイトウとグリーン白斑ナルコユリが映える、テーブルコーディネートのご紹介です。

使用花材

ケイトウ

ナルコユリ

使用道具

白いジャグ

花バサミ

手順

届いたままの状態のケイトウセットです。

手順1画像

鮮やかな、赤、オレンジ、黄色のケイトウ。
グリーン白斑のナルコユリとのコントラストがきれいですね。

手順2画像

長さそのままで生けてしまうと、入れようとしている花瓶の長さよりも長くなり、バランスが悪く見えます。
全体的に、短くカットしていきます。

手順3画像

色鮮やかなケイトウは、花瓶よりほんの少しだけ高めの位置で、茎が見えない程度にカットすると、重心バランスが良く、きれいに見えます。
ナルコユリは、ケイトウから放射線状に外側に伸びていくように、サイドと後ろに少し長めに配置すると、すごくバランスがいいです。
さらに、ケイトウの葉が手前に少し伸びていると、ベストです。

手順4画像

こんな感じになるように、バランスを見ながらカットしていきます。

手順5画像

様子を見ながらカットしていきます。
花瓶に何度か挿してみながら、カットしてください。

手順6画像

手順7画像

途中、カットして短くなってしまった葉を、こんな器に入れて飾るのもきれいですよ。

手順8画像

それだけで華やかな、今回のケイトウセットは、白メインのシンプルなテーブルコーディネートとぴったりです。

手順9画像

華やかなテーブルで、素敵な時間をお過ごしください。
(所要時間:約5分)

手順10画像

手順11画像

手順12画像
出来上がり
完成品画像
ポイント
  • 色鮮やかなケイトウが映えるように、白い花器を選びましょう。
  • 鮮やかなケイトウは、花瓶よりほんの少しだけ高めの位置で、茎が見えない程度にカットすると、重心バランスが良く、きれいに見えます。
  • ナルコユリは、ケイトウから放射線状に外側に伸びていくように、サイドと後ろに、少し長めに配置するとバランスがいいです。
クリエイター画像
前田 彬子
一級建築士
インテリアコーディネーター
ライフオーガナイザー

”オフィスビルの中で深夜まで働いていた頃、季節を楽しむ暮らしに強い憧れを抱き、家にお花を飾るようになりました。
忙しい生活の中で、お花を愛でる時間は、季節を感じる豊かな時間となり、家という空間が、一気に華やぎました。
今となっては花たちが、私のインテリアコーディネートに欠かせない大切なエッセンスです。
素敵な花たちを、インテリアとともに、さらに素敵に楽しめるコーディネートを、皆様と共有していきたいです。”

works
  • ハウスメーカーの設計職、インテリアショップでの各種設計、インテリアコーディネート担当などを経て、2018年に独立。
  • 間取り、インテリア、収納をトータルで提案する、リノベーショントータルプランナーとして活動を開始。
  • 2017年から現在まで、リノベーションをした自宅に花を飾る、季節を楽しむインテリアコーディネートをInstagramにて発信している。
media
  • 2017年~現在 情報サイト「LIMIA」にて、インテリアのテクニックなどの記事執筆
  • 「スタイルで選ぶ マンション・インテリアの教科書」(ナツメ社)、「ベストインテリアBOOK」(宝島社) ほか雑誌掲載実績

https://akikomaeda.com/

@aco_1206

会員登録すると50以上ものコンテンツを全て無料でご覧いただくことができます。